スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATLANSIA それは“大海の孤島”。

ご無沙汰してます、超放置してました。
放置してたのに相互リンク募集とか言ってbot垂れ流してました、ゴミです。
また気が向いたら更新していくので何卒。
今回記事かなり長いし画像多いです、注意。

さて先日新しい機材を購入しました。まあこのブログ見てる人なんかtwitterのフォロワーが90割だと
思うんでみなさん知ってるかと思いますが。


DSC_0901.jpg
※ベースです



DSC_0860.jpg
※ベースです



DSC_0862.jpg
クソアホ

ATLANSIA CONCORDという日本が生んだです。

とてもキモい独創的な形ですね。こんな意味不明なベース作ってるのなんて世界広しといえどもアトランシアだけでしょう、レオフェンダーもあの世で仰天ぶっこいてるはず。


メーカー自体あまり知られていないため使っているユーザーはあまり多くなく、有名所だとポルノグラフィティのサポートベーシスト野崎森男、DOPING PANDAの北條太朗、あとニコニコ動画界隈では有名なdrm氏くらいですかね、海外はわからん。


音はといえばプレベがなんとなーく近い気がするんですが、まあアトランシアの音です(逃げ)独特の中低音。パッシブなのにアクティブのようなパワー、多分聴けば「あっアトランシアっぽい」ってわかると思います。音源はまたいつかあげますので何卒。


さてここからアトランシアの各部位紹介。
なんといってもアトランシアの一番の特徴はこの丸い形をしたピックアップですね。

DSC_0908.jpg
なんじゃこりゃ

これはアトランシアがオリジナルで開発したピックアップで、なんと回転機構が備わっており、シングル、ハム、そしてシングルとハムの中間のピックアップ配列にすることが可能です。

ちなみにピックアップを回転させているだけの動画がこちら


クソかてぇ

回すところが劣化してるのか超固いです、弦張ってる状態で回すと指が超痛い。まあこういうふうに回すことで様々な音を作ることが出来ます。

またピックアップ自体一つ一つ自立しており、一個一個回転させることができるんでこんな配列も可能です。

DSC_0885.jpg

音はクソです、気持ち悪すぎて気分悪くなりました(ガチ)


それとアトランシアと言えば極太ネックです。

DSC_0872.jpg
左Warwick 右アトランシア

5フレット時点で厚さ2cm超えてます、しかもカーボン補強も入ってます。鈍器かよ。反る気がしねぇ。


そして指板。

DSC_0870.jpg
馬鹿かよ

ウッドベース並みです。HPには指板面円錐状 120-180R」と書いてあります。。フレットどういう風に打ったんだよ、CFSかよ。

こんなに分厚いと弾けないんじゃないかと思われますがところがどっこいアトランシアマジック、まったく弾きづらくありません。実は太いほうが指が疲れにくいんですって、まじかよすげぇ。
これ弾いた後ワーウィック触ったらあまりのネックの薄さに不安になりました。Ibanez持ったら間違いなく発狂するレベルです。

そのほかにもアトランシア独自の誰得独創的な部分はいっぱい。


DSC_0889.jpg

このでかいザグリはフィンガーレストで、黒い部分はスポンジです。林さんの細かい心配りが嬉しい、でもこんな深くまで指置かねぇ。

DSC_0972.jpg

アトランシアオリジナルのロックペグです。ロックペグといえばスパーゼルが元祖ですがこちらはそれより前に開発したとのこと、まあ俺は巻いてるんであんまり意味ないですけどね。

DSC_0890.jpg

この4つのスイッチ、もう嫌な予感しかしませんがこれでピックアップのフロント、ミックス、リアを切り替えれます、1つの弦づつの。
欲張りすぎ。

ちなみに配線はこんな感じ


DSC_0894.jpg


パッシブとはなんだったのか・・・


DSC_0998.jpg

ブリッジももちろんオリジナル、真鍮削り出しという豪華な仕様です。こちらはなんと弦を置くところがネジになっていて工具なしで弦高を調整することが可能です、「めっちょ便利やん」と思いますがところがどっこい、調整する時はいちいち弦外さないといけないのでクソだるいです。盲点。

なお弦はブリッジ止めと裏通し両方が可能です。

DSC_0997.jpg

ナットもブリッジと同じ方式です、めんどくさい。


このようにどこもかしこもオリジナルパーツだらけ、逆にオリジナルじゃない所なんてコントロールポットとジャックくらいなんじゃないですかね。オリジナルのところを全部書くとなるともっと文字だらけになるのでこのへんで。


アトランシアというのは情報が少なく、ネットにもあまり情報が出まわってません。なのでこの記事が少しでも役にたってくれれば幸いです。

またConcordのこの部分はどうなっているのかという疑問が有る方はどんどん質問してください、答えれるかぎり答えます。正直俺もまだどうなっているのかあんまりわかってない、1弦ベースとか意味不明なんだけど。

それではまた気が向けば更新します。

ATLANSIA公式HP
ATLANSIA公式HPその2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。